ほうれん草の日持ちは?いつまで食べられる

食べ物

ほうれん草はβカロチンが豊富でよく料理に使っている管理人です。

 

ほうれん草の日持ちはどのくらいか

 

また保存のコツについて備忘録としてまとめておきます。

 

ほうれん草の日持ちは?

 

野菜室で2~3日

 

冷凍で2~3週間

 

色の濃さが新鮮な証拠

 

濡れた新聞紙て乾燥防止する

 

葉がと濃い緑で根元の赤が強いものは新鮮さの表れです

 

赤い部分は 甘く 骨を形成するのに必要なマンガンが豊富です

 

ほうれん草などの葉物は 乾燥に弱いので濡れた新聞紙に包んで野菜室へ

 

根元が下になるよう 立てて保存すると長持ちしますよ。

 

また、買ってすぐ水を張ったボールに付け 根から水分補給すると風味は持続します

 

すぐ使わない場合はその日のうちに固ゆでして冷凍しましょう。

 

そうすると2~3週間保存できます

 

ほうれん草の保存のやり方

 

ほうれん草は乾燥以外にも水分がいたみの原因になります

 

乾燥に弱いものの葉に直接水がついても傷みます

 

ほうれん草などの葉物は葉先が乾かないようすることが大事です。

 

ひと手間かかりますが、濡らした新聞紙に包むなどして保存するのが必要です

 

またほうれん草は蒸れると鮮度を損ねてしまいます。

 

なので密閉するのは避けたほうがいいです。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL