ごぼうの日持ちは?保存方法について

食べ物

今回はごぼうの日持ち、買ってからいつまでも食べられるかを紹介します。

 

また保存方法もごぼういつまで食べられる

 

ごぼうはどのくらい持つのか目安です。

土に埋めて一か月

冷暗所で 2週間

冷凍で に3週間

 

日持ちする食材ですね。

 

ごぼうの 旬は 4月~5月  11月~翌1月までです。

 

どんなごぼうを選べばいいの

 

泥付きを選ぶと長持ちします。 畑に生えている時の状態を再現するイメージですね。

 

美味しいごぼうの選び方

 

まっすぐひげ根が少ない物が美味しい。

ごぼうは太いと中に巣ができていることもあります。

 

やや細めを選びましょう

 

ごぼうの栄養素は

 

ごぼうは、食物繊維が豊富です。

テレビでも取り上げられているので知っている人も多いのではないでしょうか。

ちなみに食物繊維は腸内環境を整えますよ。

また食物繊維は血糖値の上昇を抑制する働きがあります。

 

泥付きなら土に埋めれば一か月保存可能

 

保存袋などを使い冷暗所におけば2週間。

 

洗ったごぼうならポリ袋に入れて野菜室で一週間保存が可能 です。

 

おすすめ時短

ごぼうといえばきんぴらおいしいですよね。

うちもお弁当によく入れます。

 

きんぴらにして冷凍するとみ3週間は持つのでお弁当にも便利です

 

時間があるときにまとめて作るのか、オススメです。

お弁当ように小分けして冷凍しておくとさらにいいですよ。

 

これは勿体無い食べ方

野菜など皮に栄養があります。

 

ごぼうもおなじです。

しっかり皮を剥くと実は栄養を捨てることに なります。

 

これは勿体無いです。

 

ごぼうの皮には うまみや栄養成分がたっぷり入っています

 

しっかり剥くとせっかくの栄養や風味を捨てることになってしまいます。

 

皮は泥と一緒にたわしで洗い流す 程度にしましょう。

 

最近では調理に便利な洗いごぼうもあります。

 

ほんと助かるんですが栄養的なめんで言うと皮のついた泥つきごぼうがベストです。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL