• ひき肉の日持ちは?賞味期限すぎたもの食べられる?

ひき肉の日持ちは?賞味期限すぎたもの食べられる?

食べ物

牛 豚 鶏などひき肉は色々な料理に使えてとても便利です。

 

お値段も安いですし、ひき肉を使ったカレーなんていいダシが出て美味しいですよね。

 

最近では噛む力が弱くなった高齢者が手軽に食べられるお肉としても注目集めています。

 

そんなひき肉の日持ちはどのくらいでしょうか。

 

ひき肉の日持ち、いつまで食べられる

 

ひき肉はあまり日持ちしません。

 

もともと傷みやすいお肉として知られています。

 

ひき肉の日持ちは買ったその日をめやに。

 

冷凍保存した場合2〜3週間ほどです。

 

新鮮さが何より大切になります。

 

すぐ食べられない場合保存するならすぐに冷凍をおすすめします。

 

ひき肉は牛や豚鳥の肉を細かく切ったりすりつぶしたりなどしてあり

 

その加工の分時間が経っている肉です。

 

おすすめの冷凍保存方法

 

ひき肉は

買ってすぐ1回に使う分量に分けてください。

 

分ける時はラップで包むか冷凍用保存袋に薄く平らに入れ

 

箸などで1回分の筋目をつけて冷凍すると便利ですよ。

 

またそのままではなくある程度調理してから保存するのもオススメです。

 

たとえば揚げる直前までに調理したコロッケや茹でた鶏つくねの冷凍なら

 

1か月保存できますよ。

 

おすすめできない保存方法

 

ひき肉のそのまま保存はNGです。

 

なぜなら最も傷みやすい肉だからです。

 

購入後トレーに入ったままの状態で冷蔵保存は厳禁ですよ。

 

ミンチになった瞬間から 多くの空気に触れているため雑菌が繁殖しやすい状態になっています。

 

保存する際はトレーではなくラップで隙間なく包み使うまでチルド室に入れておきましょう。

 

賞味期限の過ぎたひき肉って食べられる?

 

ひき肉は傷みやすいお肉なので賞味期限の過ぎたお肉を食べるのは避けた方がいいです。

もちろん匂いなどせず大丈夫そうな感じもありますが、見えない菌が繁殖している場合もあるのでやめたほうがいいですね。

使い切れない場合は早めに冷凍保存して使う分だけ料理にしたほうがいいですよ。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL