• 切り身魚 の日持ち 賞味期限はどのくらい?いつまで食べられる

切り身魚 の日持ち 賞味期限はどのくらい?いつまで食べられる

食べ物

シャケやぶり、鯖、たらなどの切り身魚。

 

調理するのにも便利ですよね。

 

セールなどでお買い得品があれば多めに購入しちゃうという人もいらっしゃるでしょう。

 

気になるのが切り身魚の日持ちです。

 

今回はどのくらい日持ちするのか、おすすめの保存法、注意点などまとめました。

 

切り身魚の日持ち、賞味期限

 

魚は生鮮食品なので賞味期限というより、どのくらい日持ちするかの目安ですね。

 

チルド室で保存した場合1日から2日

冷凍で2〜3週間

 

買ってからしばらく使う予定がない場合は冷凍保存がおすすめです。

 

保存方法

 

保存する場合

 

ひと手間かけておくとあとが楽です。

 

切り身に塩を振って身を締めておきましょう。

 

味と保存性がアップ しますよ。

 

どういう切り身魚を選ぶといいか

 

身に弾力があり切り口が滑らかなものを選びます。

 

またトレーに血などのドリップが

出ていないものが新鮮ですよ。

 

鮭など身に色がある魚は色合いが鮮やかなものが良いでしょう。

 

塩漬けなどされていない 切り身は、 塩を振ってしばらく置き

表面に出てきた水分を拭き取っておくと身がしまって味が良くなります

保存性が高まります。

冷蔵保存は ペーパータオルとラップで包み、冷凍は酒少々を振っておくと臭みが抑えられます。

 

冷凍保存を解凍するときの注意点

 

 

解凍して売られているものは、再冷凍禁止です

切り身魚は加工時に冷凍されその時解凍して売られていることがあります。

 

切り身魚を購入する時はラベルの表示に解凍とあったら注意 しましょう。

 

 

再冷凍すると衛生的に良くありません。

 

冷凍保存する時トレーのまま保存しちゃう人もいます。

 

トレーは保存に向いていなくて、またそのままだと生臭くなります。

 

必ず出してラップに包みなおして保存するのが良いです。

 

 

まとめ

 

 

切り身魚の日持ち、おすすめの保存方法について紹介しました。

 

切り身魚はお弁当のおかずや一品などにも大活躍します。

 

 

お得に購入できた時は冷凍保存しておくといいですよ。

 

 

関連記事
トラックバック
トラックバックURL