• 鶏肉の栄養を吸収できる食べ方 鶏肉のむね肉のバター醤油炒めの作り方〜それダメ

鶏肉の栄養を吸収できる食べ方 鶏肉のむね肉のバター醤油炒めの作り方〜それダメ

テレビ番組

日本人が食べる鶏肉の量が増えているそうです。

 

鶏肉というと安くてヘルシーというイメージが強いですよね。

 

また料理しやすいのでその点も人気が高いです。

 

鶏肉でよく食べられている部位によっても栄養が違うようです。

 

鶏肉の部位によってもいろいろ栄養が違うようです。

 

今回は人気のむね肉。

 

栄養を無駄なく取り、美味しく食べられるレシピをそれダメで紹介していたので備忘録的にまとめました!

 

むね肉の栄養は?

 

サラダチキンでもおなじみ、むね肉はタンパク質が多いです。

 

またカリウムが含まれているので高血圧予防にいいそうです。

 

鶏肉のむね肉のバター醤油炒め

 

しょうがの酵素がむね肉のタンパク質を分解し、より吸収しやすくなります。

 

また胸肉も柔らかくなりそうですよ。

 

材料

 

鶏胸肉1枚

アスパラ日本

しめじ2分の1パック

まいたけ2分の1パック

おろし生姜一片分

バター10グラム

甘口醤油大さじ3

白髪ネギ2分の1本

油適量

 

胸肉の肉面におろした生姜を10分つけます。

 

むね肉を食べやすい大きさに切ります。

 

中火で熱し油を引いたフライパンに胸肉を並べます。

 

次にアスパラも入れて炒めます。

 

まいたけしめじなどのキノコ入れます。

 

鶏胸肉に火が通ったら一旦火をとめます。

 

バターじょうゆで味付けします。

 

バターを入れ甘口醤油で軽く煮立たせたら完成です。

 

ちなみに

 

鶏胸肉に火が通ったかどうかは箸で触って弾力があれば火が通った合図になります。

 

切らずにまるごと1枚使うのがポイント

 

水溶性のカリウムが多く含まれているので流れにくくすると言う工夫がされています。

 

むね肉を切る時はまず筋のとおりに切ります。

 

次に筋を断ち切るように薄く切っていきます。

 

鶏の胸肉を切る時はまず繊維と平行に切り次に繊維と垂直にそぎ切りすることがポイントになります。

 

こうすることで肉の筋が短くなり柔らかい食感になるそうですよ。

 

 

まとめ

 

しょうがを使うことでさっぱり、そして柔らかい食感が美味しいそうです。

 

サラダチキンもいいですが、バター醤油炒めも美味しそうですね^_^

 

 

関連記事
トラックバック
トラックバックURL