生姜の皮を簡単きれいにむくコツ〜それダメそれマル新常識より

テレビ番組 - 雑学

生姜はいろんな料理に使えておいしいですよね。
生姜焼きも良いですし以前流行った紅茶に生姜を入れて飲むなんてこともよくやっていますよ。
私なんかはチューブの生姜をもっぱら使っていますが生の生姜を使う場合めんどくさいのが皮むきです。
生姜の皮をきれいにむくそれマル新常識を2018年8月22日放送のそれダメでやっていましたよ。

生の生姜を使っている人はぜひ試してみてください。

曲がっている生姜の皮をきれいにむくコツは

生の生姜の特徴と言えばあのゴツゴツとした形です。
あの曲がっている所の皮をきれいにむくのが結構大変ですよね。

きれいにむこうとしたら結構めんどくさいです。

それはみんなが思うところのようですね。
だからこそついつい楽なのでチューブの生姜を使ってしまいます。

生の生姜の皮をむく時は包丁やピーラーを使うよりオススメの方法があるそうです。

くしゃくしゃに丸めたアルミホイルを使うのがそれマル新常識とのこと。

アルミホイルを丸めるとギザギザができます。
このギザギザがどんな面にもフィットします。

なので生姜の皮をむくのにオススメだそうですよ。
刃物を使わないのでお子さんがやっても危なくないのもいいですね。
お手伝いをしてもらおうと言う時にいいですね。

包丁で皮をむこうとするとどうしても皮を厚くむきがちです。

アルミホイルならそんなこともなく簡単にできます。
また生姜の皮の近くの栄養成分ポリフェノールもしっかり残ると言うメリットもあるようです。

このやり方は生姜だけでなく、蓮根やじゃがいも、ごぼうといった他の野菜にも使うことができますよ。
野菜など河野近くに栄養があるといいます。
アルミホイルを使って皮をむけば栄養を逃すことなく食べることができますね。

野菜をむくのにピーラーもいいですがアルミホイルだとさらに楽ですね。
ピーラーって便利そうだけど意外と使っていない管理人です。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL