• ご利用のApple IDの2ファクタ認証での保護が有効になりましたと言うメールは本物か偽物か?見分け方と対処法

ご利用のApple IDの2ファクタ認証での保護が有効になりましたと言うメールは本物か偽物か?見分け方と対処法

インターネット

Appleを語るフィッシング詐欺メールがいろいろなバージョンで届いています。

 

 

これまでもいろいろなタイプのアップルを語る詐欺メールを紹介してきました。

 

今回は「ご利用のApple IDの2ファクタ認証での保護が有効になりました」と言う件名で届くメールについてです。

 

 

結論から言うとこのメールは本物ではなく偽物です。

 

 

今回の詐欺メールはApple IDの2ファクタ認証での保護と言うフレーズを使っているところがずるがしこいです。

 

実際Apple IDには2ファクター認証での保護と言うのをセキュリティー上設定しますので一見本物のメールのように感じてしまいます。

 

 

iPhoneやiPadなどをアップルを利用していない人にはすぐ詐欺メールと言うことがわかります。

 

 

でも自分のスマホがiPhoneだったりすると騙されてしまう可能性が高いですね。

 

 

うっかり個人情報やクレジットカード情報を入力してしまい頻繁にクレジットカードの不正利用に使われてしまったと言う人もいらっしゃいますよ。

 

 

注意する必要があります。

 

 

 

「ご利用のApple IDの2ファクタ認証での保護が有効になりました」メールの内容は

 

 

注意喚起のためにメール内容を引用しておきますね。

引用しますと

 

 

お客様各位,

 

ご利用のApple ID (メアド) に2ファクタ認証を設定いただきありがとうございます。

 

ログインの詳細
日付:
ブラウザ:
オペレーティングシステム:
国:

お客様がこの変更を行っていない場合、または他人が不正にアカウントにアクセスしていると思われる場合は、iforgot.apple.com(リンクになっています)にアクセスしてただちにパスワードを変更してください。その後、Apple IDアカウントページ(https:appleid
.apple.com) (リンクになるので全角にしています。)サインインして、アカウントデータを確認および更新します。

 

 

不明な点がある場合は、Appleサポート(リンクになっています)へご連絡ください。

 

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

Appleサポート

 

 

このような内容のメールになっています。

 

また文章も今回紹介した以外に少しだけ変えているものもあります。

 

 

日付やブラウザオペレーティングシステム、国等はいろいろなバリエーションがあると考えられます。

 

 

国の部分がUnited Kingdomになっているのも怪しい不正アクセスされたような感じを与えて不安を煽っていますね。

 

 

本物か偽物か見分け方

 

 

こういったなりすましメールはいくつか見分けるポイントがあります。

 

差出人のアドレスをチェックする

 

まず差出人のアドレスの確認です。

アップルのドメインでは無い怪しいドメインは詐欺メールです。

最近ではYouTubeドメインなどを使っている場合など増えていますね。

 

冒頭部分をチェック

 

またメールの冒頭のお客様各位と言う始まり方も公式ではあり得ません。

 

 

ご利用のApple IDの2ファクター認証での保護が有効になりましたのメールを受け取った場合の対処法

 

 

このようななりすましフィッシング詐欺メールを受け取った場合は無視して削除するというのが大事です。

 

 

このメールのリンクになっているところをクリックしたりしないようにしてください。

 

クリックぐらいは大丈夫かと思うかもしれませんがクリックされることによってアクセス解析する事は可能なのです。

 

 

詐欺メールを送ってくる相手に余計な情報を与える必要はありません。

 

 

また最近はリンク先も公式サイトそっくりに作っている場合もあり巧妙で悪質になっています。

 

このようなメールを受け取った場合はリンク先に飛んでみたりせず必ず削除してくださいね。

 

 

パソコンでメールを見ている場合リンク先にマウスを見せるとURLを見ることができます。

 

そこでアップルと公式サイトではないURLが出てきたら危険と判断してください。

 

 

スマホの場合はパソコンのようにクリックする前にリンクを見ることができません。
なので不審なメールを受け取った場合はメール上でリンクを踏むなどのアクションを起こすのはやめておきましょう。

 

 

まとめ

 

 

iPhoneなどを使っている人も多いしアップル利用者も多いのでこのような詐欺メールも後を絶たないのでしょうね。

 

 

Apple IDにはクレジットカード情報を登録している人も多いのです。

このようななりすまし詐欺メールには騙されないようにお互い気をつけましょうね。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL