LINE緊急問題報告という件名のメールは本物偽物?受け取った時の対処法は

インターネット

LINEを語るフィッシング詐欺メールが増えているようです。

LINE利用者も多いので注意喚起のために情報を紹介しますね。

 

 

最近は

詐欺メールが増えていてアップルになりすましたりアマゾンやクレジットカード会社を名乗る詐欺メールが多くてほんと嫌になりますよね。

 

 

 

LINE緊急問題報告メールは本物偽物?

 

LINEを語り個人情報等を抜き取ろうとするフィッシングメールはLINE緊急問題報告と言う件名で届きます。

 

 

メールの内容

メールの内容はとてもシンプルです。
引用しますと

お客様のLINEアカウントに異常ログインされたことがありました。
お客様のアカウントの安全のために、ウェブページで検証してお願いします。

こんにちは、このメールはLINEで自動送信されています。

下記のURLをスマホにコピーして、スマホブラウザーにて開けてください。

リンク

※ URLの安全認証有効期限は毎日9時から19時までです。

———————-

LINE

LINE Cokpporotion

—————

 

 

このようなメール内容になっています。

 

 

LINE自体を使っていない人にも送られているようです。

明らかにフィッシング詐欺メールで、個人情報を抜き取ろうとするものですね。

 

 

最後の会社名がきちんとした綴りになっていないものやきちんとしたつづりのものもありいろいろなバリエーションがあるようですよ。

 

気をつけてくださいね。

 

 

LINEを騙るフィッシング詐欺メールのバリエーション

 

 

今回紹介したのはLINE緊急問題報告と言う件名でした。

そのほかにも

 

LINE安全認証
LINE 二段階パスワードの設置

 

このような件名のメールが届いているようです。

 

 

LINE緊急問題報告のメールを受け取ったときの対処法はどうする?

 

 

他の迷惑メールや詐欺メールと同様に何のアクションをする必要もありません。
メール内容は無視をして削除してください。

 

興味本位でそのメールに載っているURLにクリックしたりしないほうがいいですよ。

クリックすることでも相手に情報を渡してしまう場合もあります。(例えばそのメアドが使われているものだとか)

 

 

 

 

何もアクションをせずメールを削除してくださいね。

 

 

LINEをもともと使っていないならすぐ詐欺メールとわかりますが利用している人はどきっとする件名になっています。

 

 

怪しいなと思った場合はそのメールからアクションするのではなくネットなどで情報を収集してからの方が良いです。

 

 

クレジットカードの情報などを登録していたりするのでIDやパスワードの管理も注意しておきたいですよね。

 

また詐欺メールの情報が分かりましたらこのブログで紹介していきますね。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL