MUFGカードを騙るメールは本物?ニセモノ?フィッシング詐欺メールに注意

インターネット

Appleやアマゾンを語るフィッシング詐欺メールが増えて嫌になりますね。

 

 

ここ最近多くなっているのがMUFGカードを騙るメールです。

 

 

一見すると本物のような内容なので受け取った方は一瞬本物なのか偽物なのか区別がつかないかもしれません。

 

 

もちろんこのMUFG カードを騙るメールはフィッシング詐欺メールなので偽物です。

 

 

くれぐれもメールに載っているリンク先にアクセスしたり個人情報を入力したりしないようにしてください。

 

 

 

 

MU FGカードを騙るメールはこんな内容

 

【重要:必ずお読みください】という件名です。

 

この件名でメールを受け取ったら一瞬びっくりしますよね。

 

ほんと悪質。

 

メール内容を引用しますと・・・

 

 

MUFGカードWEBサービスご登録確認

 

いつもMUFG カードWEBサービスをご利用いただき、ありがとうございます。

 

この度、MUFG カードWEBサービスに対し、第三者によるアクセスを確認いたしました。

 

万全を期すため、本日お客様のご登録IDを以下のとおり暫定的に変更させていただきました。

 

 

お客様にはご迷惑、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。

 

 

何卒ご理解いただきたくお願い申し上げます。

 

リンク

 

 

上記MUFGカードWEBサービスIDは弊社にて自動採番しているものですので、

弊社は、インターネット上の不正行為の防止・抑制の観点からサイトとしての信頼性・正当性を高めるため大変お手数ではございますが、下記URLからログインいただき、

任意のIDへの再変更をお願いいたします。

 

 

なお、新たなID?パスワードはセキュリティーの観点より「8桁」のご登録を強くおすすめいたします。

 

 

リンク

 

 

※他のサイトでも同じIDをご利用の場合には、念のため異なるIDへの変更をおすすめいたします。

 

 

—————–

※誠に勝手ながら本メールは発信専用アドレスより配信しております。

本メールにご返信いただきましても、お答えすることができませんのでご了承ください。

——————-
〈三菱UFJニコス銀行〉

受付時間9:00〜19:00(土日・祝日・銀行休業日を除きます)

 

 

このようなメール内容になっています。

 

 

今回のメールはAppleを騙るメールと違って文章もいかにもと言う感じでしっかりとした作りになっています。

 

 

MUFGカード詐欺メールを受け取った時の対処法

 

 

このブログでもフィッシング詐欺メールの対処法を紹介してきましたが

 

まずリンク先をクリックしたりせずメールを削除してください。

 

 

リンク先も本物そっくりに作られており注意が必要です。

 

うっかり個人情報等入力しないようにしてください。

 

 

また興味本位でリンクをクリックするというのもやめたほうがいいですね。

 

 

本物のMUFG カードWEBサービスでもこのようなフィッシング詐欺メールの増加を注意喚起している内容が載っています。

 

 

メールのリンク先ではなく必ず公式サイトで確認しするのが大事ですよ。

 

 

まとめ

 

 

今回のMUFG カードを語る詐欺メールはメール内容もそれらしくきちんとした日本語で書かれています。

 

ウェブサービスを利用している人にとっては騙されてしまう可能性がとても高いです。

 

 

不審に思ったらぜひ公式サイトでの確認をやってください。
メールのリンクからはくれぐれも行かないようにしてください。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL