• 【それダメ】フルーツの缶詰を使った簡単タワーゼリー(缶詰まるごとゼリー)の作り方

【それダメ】フルーツの缶詰を使った簡単タワーゼリー(缶詰まるごとゼリー)の作り方

テレビ番組

フルーツの缶詰をそのまま食べるのも美味しいですがフルーツの缶詰を作ったおいしい簡単デザートの作り方をそれダメで紹介していました。

 

缶詰まるごとゼリーです。

 

ゼリーが出来上がったあと缶から出したときにタワーみたいにぷるるんってなります。

 

タワーゼリーと言ったりするようですよ^^

 

 

 

 

作り方もとても簡単でしたよ。

 

お子さんの夏休みのおやつにお勧めです。

いや冷たいお菓子が食べたいオトナにももちろんぴったりです。

 

 

それ以外にも遊んだ花火の後始末のやり方やシャツの襟の皮脂汚れ対策などもそれダメで紹介されたので一緒にまとめておきますね^^

 

 

缶詰まるごとゼリーの作り方

 

 

 

お好みのフルーツ缶詰を用意します。

 

ゼラチン大さじ2を缶詰のシロップを混ぜます。

600ワットの電子レンジで20秒加熱します。

 

ゼラチンが溶けたら缶詰に戻します。

 

冷蔵庫で2時間冷やし固める。

 

缶詰の裏側に4カ所穴分けて出します。

 

缶詰丸ごとゼリーの出来上がりです。

 

 

 

ゼラチンは加熱しないと溶けないので必ず加熱してくださいね。

 

取り出すとき、うっかり2箇所開けでやったらうまくいきませんでした。

 

ゼリーの周りをスプーンなどで剥がしてから取り出すともっとやりやすかったです。

 

 

 

 

遊んだ花火の後片付けを楽に。簡単なやり方

 

 

花火で遊んだあとは後片付けが地味に大変です。

 

 

遊んだあと普通は水の入った容器に花火を入れてその後取り出して捨てます。

 

これだと濡れた花火を取り出すのが地味にめんどくさいですよね。

 

 

予めバケツに穴を開けたポリ袋を設置します。

その後水を出せばそのまま捨てることが可能です。
手を汚すことなくゴミだけ出すことができます。

 

 

 

これは目からウロコの簡単テクニックでしたね。

 

 

シャツの襟の皮脂汚れを防ぐ楽々テクニック

 

 

シャツを着る前に襟元にあるものを塗っておくと皮脂汚れが取れやすいです。

それはベビーパウダーです。

 

えり周りにベビーパウダーを乗り付けることによって汗や皮脂汚れを吸収し汚れが付きにくくなるそうです。

 

ベビーパウダーが襟の皮脂汚れを防ぐのにいいのは

 

 

ベビーパウダーの主成分デンプンが皮脂を吸収してくれます。
そしてタルクと言われるサラサラ成分が皮脂の密着を防いでくれます。

 

なので洗濯すれば洗い流され服に残ることもありません。

 

 

襟元の皮脂汚れが気になる人は襟元にベビーパウダーをして汚れを使用してみるといいですよ。

 

 

炭酸スイカメロンの作り方とは

 

炭酸水にフルーツをつけておくとシュワシュワ食感の炭酸フルーツを簡単に作ることができます。

 

 

ただスイカやメロンの場合は果汁が炭酸水に溶け込んで美味しくありません。

 

炭酸水を使わずスイカやメロンを炭酸フルーツにする簡単な作り方

 

 

クーラーボックスにドライアイスと一緒に入れると良いそうです。
二酸化炭素は水に溶け易く水分の多いスイカの中まで入り込むことができるそうです。

ドライアイスと一緒に5時間ほど入れておくと完成します。
大きなままでも作ることでできるそうですよ

 

注意点としては

ドライアイスが直接触れるとスイカが凍ってしまいます。
ドライアイスを置いたらスノコなどを入れておくと良いですよ。

 

 

またクーラーボックスはタオルなどを挟み密閉しないようにすること
二酸化炭素でフタが破裂してしまう恐れがあります。
必ず隙間を空けておきます。

 

 

まとめ

 

 

フルーツ缶詰めで作る簡単タワーゼリーは夏のおやつに最適ですね。
以前パックジュースでそのままゼリーを作るのが流行りました

 

フルーツ缶詰だとフルーツも楽しめていいですね^ ^

 

 

個人的には襟の皮脂汚れ避けにベビーパウダーを使うのは気に入りました。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL