• 昆布の日持ち賞味期限はどのくらい?塩蔵と乾燥で保存の違いはある?

昆布の日持ち賞味期限はどのくらい?塩蔵と乾燥で保存の違いはある?

食べ物

昆布でとった出汁が大好きな管理人です。

 

昆布の日持ち賞味期限はどのくらいでしょうか。

 

結構長持ちするイメージがあります。

開封してからいつまで日持ちするのか目安にしてください。

 

開封後いつまで

 

 

 

塩蔵昆布と乾燥昆布で違いがあります。

 

塩蔵は 冷蔵冷凍で明記されている賞味期限までが目安です。

 

乾燥昆布は冷暗所で

 

冷蔵冷凍で1年

 

市販品の賞味期限は

 

塩蔵は冷蔵で2ヶ月

 

乾燥は常温で一年

 

これらが目安になります。

 

昆布の選び方

 

色の濃さと厚みが肝心です。

日高利尻昆布など様々な種類があります。

 

選ぶときは濃い黒色で肉厚なものほど味が良いとされます

塩蔵昆布は水に40分ほどさらして塩抜き煮物などにすると美味しいです。

塩昆布は加工食品になります

塩蔵のまま冷凍保存もかのうです。

乾物の昆布は保存袋紙製容器に入れ冷暗所で保存してくださいね。

 

高温多湿な夏場は冷蔵また冷凍での保存もおすすめです

 

袋を二重にすると他の食品からの匂いが移りにくくなります

 

保存するときの注意点

 

缶入れて保存すると容器が錆びることもあります。

また昆布には湿気が大敵です。

 

保存袋 密閉容器に乾燥剤を忘れずに入れましょう

 

ただし缶の容器にむき出しのまま入れておくのはNGです。

 

昆布の塩分により缶が錆びることもあります

 

保存袋と缶の二重使いなら万全ですよ。

 

 

 

関連記事
トラックバック
トラックバックURL