• ネギはどのくらい日持ちする?選び方やおすすめの保存法について

ネギはどのくらい日持ちする?選び方やおすすめの保存法について

食べ物

大分寒くなってきましたね。

 

献立に鍋という日も多くなりそうです。

 

ネギは鍋に入れても美味しいですから出番も増えていきますね。

 

さてネギの日持ちはどのくらいでしょうか。

 

ネギは野菜ですので賞味期限というのはありません。

賞味期限ではなくどのくらい日持ちするのかという目安を紹介しますね。

 

 

ネギの日持ちは?いつまで食べられる ?

 

 

その保存場所でネギの持ちが変わってきます。

 

買ってすぐ食べられるならいいですが食べ損ねてしまった!で無駄にしないように

 

それぞれのシチュエーションにあわせて保存場所を変えるといいでしょう。

 

 

 

 

 

冷暗所で一か月

野菜室で一週間

冷凍で3~4週間

 

 

 

 

 

 

ネギを購入する時おすすめのものは?

 

ネギの選び方を覚えておくといいですよ。

 

ネギの根元が硬くしまっているのが 良いです、

 

ぎっしりと詰まった硬さのあるものが良質と言われています。

 

また白い部分がふかふかしているものは味がはっきりしないので選ばないほうがいいです。

 

選ぶときの参考にしてください。

 

ネギの保存方法のコツ

 

スポンサーリンク

 

泥付きを新聞紙で包み 冷暗所におく

 

ネギは、 殺菌作用や血行促進 発がんの抑制などの効果を持つ 成分が

 

豊富な野菜です 。

 

ネギというとビタミンCが豊富です。

 

ネギの保存方法

 

 

泥付きは、そのまま新聞紙で包み冷暗所に立てておけば

 

一か月ほど美味しく食べられます。

 

やっぱり保存方法って大事ですね。

 

洗ったネギは、ラップで包んで野菜室で保存一週間

 

使いやすいサイズで冷凍すれば3~4週間保存が可能です。

 

ネギの保存でしてはいけないこと

 

ネギについている泥を洗い流すと 劣化が早まる。と言われています。

保存するコツは ネギは畑に生えていた時のようにすることです。

 

泥がついた状態で目を下にして保存すると長持ちしますよ。

 

また泥を洗い流してしまうと常温での保存はできなくなります。

 

2週間以上食べられる期限が短くなることになります。

 

日持ちを考えた場合は泥はついたまま保存がいいですよ。

 

まとめ

 

ビタミンCが豊富なので寒くなる季節には積極的に食べたいですね^^

加熱すると甘みも出てとても美味しいです。

 

ネギは誤って腐らせてしまうとひどい匂いになってしまうので日持ちのことを考えて上手に保存したいですね。

 

それでは~

 

関連記事
トラックバック
トラックバックURL