• さつまいも 日持ちはどのくらい?おすすめの保存方法は

さつまいも 日持ちはどのくらい?おすすめの保存方法は

食べ物

さつまいもの日持ちってどのくらいなんでしょうか。

 

普段は食べ切れる量を買っているのでさつまいもの日持ちについて気にしたことはありませんでしたが^^;

 

 

たくさん頂いたときに腐らせないで食べたい!と思い日持ちやおすすめの保存方法についてまとめてみました。

 

 

さつまいもを栽培していて収穫したものの、食べきる前に腐られてしまった。という人も多いようですよ。

 

 

 

さつまいもの日持ちはどのくらい?いつまで食べられる?

 

冷暗所で一ヶ月

 

冷凍で2~3週間

 

さつまいもは寒さに弱いので冷蔵庫の保存が向きません。

 

冷蔵庫で保存はNGです

 

低温障害 &甘みが減少します

 

サツマイモは低温に弱いため冷蔵庫に入れると低温障害を起こして

 

痛みやすくなってしまいます

 

また甘みは冷蔵すると減少するので常温で保存するのがポイントです。

 

でんぷんが糖に変わるため甘みが出ますよ。

 

新聞紙に包み冷暗所で長期保存可能です。

 

美味しいさつまいもを見分けるには

 

ひげ根が少ないものほど美味しいです。

 

細いものやひげ根が目立つものは繊維が多く あまり美味しくありません

 

形は丸くふっくらとした、でこぼこが少ないさつまいもがおすすめですよ。

 

さつまいもは 13~15度Cでの保存が 適しており ます

 

新聞紙に包んで冷暗所におけば一ヶ月ほどもちます

 

ただし乾燥と水気には 注意が必要です

 

使いかけはラップをぴっちり巻いて 野菜室へ 入れましょう

 

水にさらしてアクを抜き加熱してから冷凍すればに3週間美味しく食べられます。

 

 

関連記事
トラックバック
トラックバックURL