• ソーセージの日持ちはどのくらい?おすすめの保存方法は?

ソーセージの日持ちはどのくらい?おすすめの保存方法は?

食べ物

ソーセージは買い置きしていると便利な食材ですね。

 

手軽にタンパク質が取れるのでうちでもよく食べています。

 

ソーセージはホットドッグにしたりポトフにしたり使い方はいろいろあります。

 

メインにも副菜にも大活躍です。

 

ソーセージは1500種以上ある肉の加工品です

 

味も多種多様で、ハーブや にんにく チーズなど沢山あります

 

豚のひき肉などを塩やスパイスで味付けして腸などに詰め燻製して作るソーセージは

 

1500種以上あると言われています

 

そんなソーセージですが、日持ちはどのくらいなのか?

 

保存をどんなにしたら良いか調べてみました。

 

ソーセージの日持ちは?開封後は何日食べられる?

 

ソーセージの賞味期限は購入したものパッケージに記載されていますのでそれを目安にして下さい。

 

日持ちはチルド室で3日から4日

 

冷凍室で1か月

 

すぐ使う場合はチルド室に保存でいいですが、使う予定がない場合は冷凍保存がいいですね。

 

ソーセージを保存するときのポイント

 

日本の家庭でもおなじみのウインナーやフランクフルトは、

 

パッケージから出した後は、水気を拭き、別の保存袋や密閉容器に移して

 

冷蔵をすると良いでしょう。

 

冷凍保存する場合

 

冷凍は保存袋に入れる前に包丁で浅く切り込みを入れておくといいですよ。

 

そうしておくことで解凍しやすく、調理しやすくなります。

 

切り込みを入れて冷凍保存しておくと凍ったまま火を通した時に皮が破裂しにくくなります。

 

ソーセージを保存する時のNGなこと

 

ソーセージを保存する時は水気を拭き取ってジップロックなどの保存袋にいれましょう。

 

水気を拭き取らずに保存するとぬめりが出ます。

 

また空気に触れる時間が長いと変色し表面に滑りが出ることがありカビの原因になります

 

水分をしっかりと取り除いておくことが大切ですよ。

 

酢を含んだペーパータオルで拭くと殺菌効果が期待できます。

 

気になる人はぜひ保存する時ひと手間かけてください^ ^

 

まとめ

 

ソーセージはお弁当のおかずや、献立に常備しておくと便利です。

 

頻繁に使う場合は冷凍保存ではなくチルド室で大丈夫ですね。

 

うちでは日持ちを気にする前に食べきってしまうことが多いです。

関連記事
トラックバック
トラックバックURL