• スーパーの安いステーキ肉を美味しく焼く得技とは 得する人損する人より

スーパーの安いステーキ肉を美味しく焼く得技とは 得する人損する人より

テレビ番組 - 生活 - 食べ物

輸入牛肉もお安くなり手頃な食材となった牛肉。

 

お肉大好き!という人も多いですよね^^

お店で食べるとおいしいのに家で焼くと固くなったりなかなかうまくいかないと言うママも多いのではないでしょうか。

スーパーで買ったお肉も美味しくする絶対に失敗しない徳技を得する人損する人で紹介していました。

 

 

ちなみに取材に参加参加していたのは2年ぶりのテレビ出演のエビちゃんこと蛯原友里さんです。

 

週に4日がお肉を食べるほどの肉好きだそうですよ。

 

 

 

家でステーキ肉を焼く場合の悩みは・・・

 

肉に厚みがあるので中までうまく加熱できず生のままだったり。
生になるのを防ぐおおと焼きすぎて肉がパサパサになったり。
結構うまくいかない場合が多いですよね。

 

番組曰くお肉会のドクターエックスがどんなお肉もおいしく焼く方法を教えてくれます。
教えてくれるのはBBQ610のオーナーシェフ武藤俊一さんです。

会員制、紹介制のお店。

メニューもないんですって!!

その日仕入れた最高級のお肉を1万円コースで提供しているそうですよ。

 

それではいってみましょう!

 

 

 

 

お買い得ステーキ肉を美味しくするワザ

 

 

使うお肉はスーパーで買えるものでOK

牛のステーキ肉
100グラム370円

 

美味しく焼くための方法

 

1密閉袋に入れる

※密閉袋の空気を出来るだけ抜くのがコツです。

 

2フライパンにためたお湯の中にキッチンペーパーを入れ袋に入れたお肉を湯煎する

 

※お湯を50度にするのがポイントです。

 

お湯を沸騰させた後同量の水を加えると50度になるそうですよ。

お肉を優先することで生きた状態に戻すことになります。
牛の体温はもともと40度位だったので50度のお湯で湯煎すると良いそうですよ。

キッチンペーパーを敷くのはお湯がダイレクトにお肉に伝わらず40度位をキープすることができるそうです。
牛肉は60度以上になると硬くなりうまみ成分がなくなってしまいます。
60度以下で湯煎するとうまみ成分を閉じ込めて美味しく焼き上げることができるそうです。

 

 

3 5分湯煎する

 

湯煎することで中に熱が通っているので後は好みの焼き加減で焼き目をつければオーケーだそうです。

5分湯煎したお肉はうっすらとピンク色になっておりこれがお湯の中から取り出すタイミングでもあります。
湯煎する前のお肉と比べても柔らかさが全然違います。

 

 

4 湯煎したお肉の表面にオリーブオイルを塗る

これはお肉がパサパサするのを防ぐためです。
ジューシーに仕上がります。

 

 

5塩で下味をつけます。

 

6焼くときは中火で焼きます。

 

 

アルミホイルを少しクシャっとさせてお肉にかぶせて焼きます。

蒸し焼きにならないようにふわっとアルミホイルをかぶせるのがポイントです。
熱がこもって余分な水分が逃げるそうです。

 

蓋をしないで焼く場合表面に火はとっても中身まで火が通らない場合があります。
それを防ぐのに良いそうですよ。

 

ちゃんとした蓋をすると上記の逃げ場がなくなりパサパサになります。
なのでアルミホイルがオススメだそうです。

アルミホイルを倍ふわっとすることで空気がうまく逃げます。
また熱が伝わりやすいと言うアルミホイルの性質でお肉にほどよく熱が加えられるそうです。

 

 

 

7焼き上がったら取り出し2分ぐらい起きます。

※2分ぐらいおくことで余熱で中まで火が通るようにします。

 

2分待つ間に胡椒をかけて味を整えます。

 

あとは食べやすいように切って出来上がりです。

 

これでスーパーで買えるお買い得のお肉でも牛肉の旨味が味わえる美味しいステーキが味わえるそうです。

 

 

簡単ステーキソースの作り方

 

ステーキソースというと市販のものを使っていましたが、得する人損する人で紹介されたソースは超簡単でした。

 

 

おろしニンニクと
お醤油20 CC
ヨーグルト20グラム
混ぜ合わせたもの。

 

大人向にはわさびを少し加えると味が引き締まるそうですよ。

 

まとめ

 

なかなかおうちでステーキを焼くときに固くなったり、パサパサになったりうまくいかないことが多かったです。

 

 

得する人損する人の失敗しないステーキ肉の焼き方はためになりました。

スーパーで買えるお得なステーキ肉で美味しく焼けるならぜひ試してみたいですね。

それでは^^

関連記事
トラックバック
トラックバックURL