• ナスの日持ちは?いつまで食べられる?保存方法など

ナスの日持ちは?いつまで食べられる?保存方法など

食べ物

ナスはシンプルに焼いただけでも美味しいですし、煮込み料理やパスタ、天ぷらなどなど万能ですね^_^

 

レンジで簡単に作る煮浸し・・なんて簡単なのでもう一品という時にオススメです。

 

なす2本を縦半分に切り、半分に切った物を更に縦半分に切る

 

耐熱容器「ルクエ」等に入れレンジ500wで5分位加熱して

 

麺つゆにひたし冷蔵庫でしばらくねかす

 

こんな感じで作れます。

 

さてさてそんなナスですがどのくらい日持ちするんでしょうか。

 

気になったのでまとめてみました。

 

ナスの日持ちはどのくらい?

 

冷暗所で2~3日

 

冷凍室で一か月    

 

美味しいナスの見分け方

 

旬は6月から9月

 

均一な紫紺色が新鮮な証拠です。

 

選ぶ時は紫紺がかった色合いが均一艶があるものを選ぶようにしましょう

 

また古いものは実がふかふかしています。

 

身が引き締まったものがいいですね。

 

ヘタのトゲが尖っていて 切り口も紫色ではなく白いものの方が鮮度が高いです

 

ナスの保存方法と気をつけたいポイント

 

なすの保存は一個ずつラップに包んで袋に入れて保存します。

 

さらにヘタを上にして冷暗所で保存してください。

 

または夏場は野菜室で保存するのが良いです。

 

なすの冷凍保存

 

生のままはあまりオススメできません。

 

素揚げしたり焼きなすにしたりすれば冷凍保存ができますよ。

 

気をつけたいポイント

 

5度C以下で保存すると中が黒ずみ味が落ちます。

 

なぜなら茄子は低温に弱い野菜だからです。

 

長期間冷蔵庫に入れていると皮が硬くなり

 

中が黒ずんだりすが入ったりして味が落ちます

 

乾燥にも弱く風に当たるとしなびてしまい食感が悪くなってしまいます

 

早めに食べ切った方が良いですね

関連記事
トラックバック
トラックバックURL